Faculties

Michael
Dease

マイケル・ディーズ

Trombone / 講師リーダー

Profile

現代のジャズ・トロンボーン奏者の最高峰

現代最高のジャズ・トロンボーン奏者のひとり。
ジョージア州オーガスタで生まれ、17才でトロンボーンを選択。
2001年に最上級のジャズを学ぶためニューヨークに移り住み、ジュリアード音楽院で学士と修士の両方を取得。
ソリストとして、またサイドマンとしての評判はすぐに広まり、30才になる前に4枚のリーダー・アルバムをリリース。クリスチャン・マクブライド、ロイ・ハーグローヴ、ニコラス・ペイトン、チャールズ・トリバー、ルーファス・リードなどが率いるリンカーン・センター・オーケストラやディジー・ガレスピー・オール・スター・ビッグ・バンドなど現代を代表するジャズ・オーケストラのトロンボーン奏者として3度のグラミー賞を受賞。

History

2001 ジュリアード音楽院に入学、学士と修士を取得。
2011年と2017年にクリスチャン·・マクブライド・ビッグ・バンドのメンバーとして、またリンカーン·センター·オーケストラ、そしてディジー・ガレスピー・オール・スター・ビッグ・バンドなど現代を代表するジャズ・オーケストラのトロンボーン奏者として合計3度のグラミー賞を受賞。
2016 第64回ダウンビート・マガジン評論家投票で「ライジング・スター・ジャズ・トロンボーン奏者」を受賞。
2017 ニューヨークのHot House Magazineでベスト・ジャズ・トロンボーン奏者に選出される。
2018〜2019 デビッド・サンボーン・クインテットのメンバーとしてワールド・ツアーを行う。

Message

ジャズとSEIKOは長年にわたって運命を分かち合っていました。
100年以上にわたる革新、洗練、そして他にはない並ぶもののない情熱をもち、活気に満ちた前向きな学びの場を得て、この二つの力は、指導者と生徒たちを結びつけました。
アンサンブル演奏、理論、作曲、スタジオでの指導を含む多様なカリキュラムは、ジャズに必要なすべての要素を網羅します。私たちは、過去4回の1週間にわたるキャンプで、一生続く関係を作り上げてきました。深く記憶に刻まれるに違いない次のキャンプに、私と他の講師たちとともに参加しませんか。 セッションで会いましょう!