Faculties

Rodney
Whitaker

ロドニー・ウィテカー

Bass

Profile

アメリカジャズベース界の重鎮

1968年デトロイト生まれ。ジャズベース奏者、教育者。ロイ・ハーグローヴ、テレンス・ブランチャード、大西順子らと共演を重ねてきたアメリカジャズベース界の重鎮。音楽教育で有名なMSU College of Music の教授であり、デューク大学、ハワード大学、アイオワ大学、ニュー・スクールなどで教鞭を取る。またリンカーン・センターやデトロイト・ジャズ・フェスティバル、そして国際ジャズ教育アソシエーション(IAJE)協議会役員などを務めてきた。彼はデトロイト・シンフォニック・オーケストラと共にジャズ教育部門を発展させ、ミシガン大学とジュリアード音楽院の講師も務めている。

History

ウェイン州立大学(Wayne State University)卒業。
ベースをデトロイト・シンフォニック・オーケストラ首席奏者のロバート・グラッドストーンに学ぶ。
テレンス・ブランチャード、ロイ・ハーグローブのメンバーとして活躍し1996年に初のリーダーアルバムを発表。
2006年にはJuno Awardのトラディショナル・ジャズ・アルバム・オブ・ジ・イヤーに「Let Me Tell You About My Day」がノミネートされる。
ミシガン・ステート・ユニヴァーシティー・カレッジ・オブ・ミュージックの教授として迎えられる。

Movie

Message

Seiko Summer Jazz Campに講師として参画できるのは、大変光栄であり名誉です。
セイコーをはじめとするジャズキャンプは、未来の偉大なジャズプレーヤーの力となる、ネットワークを育てる場です。
日本は、長きにわたってジャズと強固なつながりを維持してきました。
ベースの講師として、日本とジャズの歴史的な関係と、ジャズの発展のために日本が果たす役割を、演奏と講義を通して伝えたいと思っています。
この強固な結びつきの長期にわたる一員に、皆さんもなることを願っています。
そして、私のメンターたちが私に伝えてくれたように、皆さん一人ひとりにこのメッセージが伝わることを期待しています。
素晴らしいキャンプになりますように!