Faculties

Benny
Benack

ベニー・ベナック

Trumpet

Profile

実力と人気で注目のライジングスター

確かなテクニックと豊かな音楽性でデビューしてたちまち注目を浴びた若手トランペッターであり、ヴォーカリスト。カーマイン・カルーソ・インターナショナル・ジャズ・トランペット・ソリスト大会、インターナショナル・トランペット・ギルド・ジャズ大会、ナショナル・トランペット大会ジャズ部門など数々のメジャーなジャズ・トランペット大会で優勝。また、ジェントルメン・シング・ヴォーカル・ジャズ大会でファイナリストに選ばれ、ヴォーカルの才能も高く評価されている。2011年8月に発刊された“ジェット・マガジン”でウィントン・マリサリスが選ぶ“ネクスト・ジェネレーション・オブ・ジャズ・グレイツ”に選出された。2016年マンハッタン・スクール・オブ・ミュージックの大学院を卒業。

History

2011 カーマイン・カルーソ・インターナショナル・トランペット・コンペティション優勝。
2014 セロニアス・モンク・インターナショナル・ジャズ・トランペット・コンペティションのファイナリスト。
2017 デビューアルバム「One Of A Kind」発売。
2020 セカンド・アルバム「A Lot Of Living To Do」発売。
The Annual Jazz Congress on Audience Engagement のパネリストをクリスチャン・マクブライト、ベロニカ・スイフト等とともに努める。

Message

Seiko Summer Jazz Campは、私にとって、夏のハイライトです!
並外れた講師陣と才能あふれる生徒たちとまた一緒に学び、笑い、音楽を創造するのが待ちきれません。
こんな機会は他にはないですよ。SEIKOありがとう!