News

ジャズキャンプ卒業生によるリモート演奏を公開中!

2020.08.12

乗り越えよう Pass the Jazz baton !

ジャズキャンプ卒業生が、「 Pass the Jazz baton!」をスローガンに、世界が明るくなるよう願いを込めて、「Take the 'A' train 」をリモート演奏!

「ジャズが楽しめるハーレムに行くのならA列車に乗りなさい」という原曲メッセージになぞらえ、「この列車(の演奏)が、ジャズが楽しめる明るい未来に続くように」という願いを込め、音楽の力でこの思いを世界中に届けます。

デューク・エリントン楽団の代表作であり、ジャズナンバーの中で最も知られている楽曲「Take the ‘A’ Train」。
ジャズキャンプ特別顧問の守屋純子先生によるアレンジで、卒業者6名がジャズバトンとして演奏を重ね、完成させました。

守屋純子先生コメント

皆で集まってセッションできない日々が続きます。でも、デジタル技術の発展により、ステイホームのままで音楽的コミュニケイションが取れるのは、この時期ならではの発見であり、ここから新しい音楽の形が生まれるかもしれません。'A' Trainは、とにかく明るく楽しくワクワクする曲。今は、まだ同時に音を出せないけれど、それぞれの場所でスイングして、再開できる日を楽しみにしましょうね!この困難な状況を音楽の力で一緒に乗り越えましょうね!という明日への期待を込めて、アレンジしました。

演奏者のコメントや、「Take the ‘A’ Train」の原曲解説などは、SEIKO HEART BEAT Magazineの記事よりご覧いただけます。

▶【SEIKO HEART BEAT Magazine】 Jazz Camp卒業生があの名曲を演奏 ~音楽バトンで心を一つに~(別窓で開く)

【Pass the Jazz baton!参加メンバー】

中村海斗(ドラム)
高橋里沙(ベース)
布施音人(ピアノ)
及川陽菜(サックス)
治田七海(トロンボーン)
窪みさと(トランペット)

編曲:守屋純子(Seiko Summer Jazz Camp 特別顧問)
監修:佐々智樹(Seiko Summer Jazz Camp 事務局長)

Special Thanks
プロデューサー:竹内広樹
⾳楽ディレクター:塩田哲嗣
動画編集:Won Choi 

View All