SEIKO Summer Jazz Camp 2018 受賞者発表!!


8月14日から17日までの4日間、尚美ミュージックカレッジ専門学校にて開催された第3回SEIKO Summer Jazz Camp。総勢41名が参加し、ジャズの本場NYで活躍するトップ・プレイヤー達からの指導を受けた4日間、最終日にはキャンプの成果を発表するガラ・コンサートが行われました。

ガラ・コンサートでは、Philly Joe Jones Ensemble、Curtis Fuller Ensemble 、Freddie Hubbard Ensemble 、Wayne Shorter Ensemble、Wes Montgomery Ensembleの5組のアンサンブル・グループが演奏を披露し、4日間指導を受けた講師から修了書とセイコーホールディングスからの記念品を受け取りました。


全員参加のビッグバンドで5曲を演奏し、本年度のアワードの授賞式が行われました。
まず、最初にキャンプ・チェアマンの前田憲男氏より、今後の日本のジャズ・シーンを担うニュー・ホープに対して特別賞が発表されました。この賞は、今年から新たに設けられた賞です。


特別賞(Special Recognition Award)

(将来の日本のジャズシーンを担うニューホープに贈られる賞)
中村 海斗(16歳)ドラム


その後、指導した講師たちから最優秀者1名と優秀者4名が発表され、服部真二セイコーグループCEOから受賞トロフィーとともに記念品のセイコーの腕時計が受賞者たちに贈られました。最後にステージ上で記念の写真撮影が行われ、4日間のジャズ・キャンプが終了しました。

受賞者は以下の通りです。


最優秀賞(Most Outstanding Student Award)

(4日間を通して最も優秀な成績を収めたプレイヤー)
杉山 慧(21歳)ギター


優秀賞(Best Arrangement & Composition Award)

(参加者から提出されたオリジナル作品の中から選出)
布施 音人(22歳)ピアノ


優秀賞(Most Improved Student Award)

(最も成長が著しいプレイヤー)
中西 和音 (20歳)ドラム
及川 陽菜(20歳)アルト・サックス
松田 結貴子(24歳)トロンボーン



写真左から
中西 和音 、布施 音人、杉山 慧、服部真二セイコーグループCEO、松田 結貴子、及川 陽菜、中村 海斗